真面目なニートの腹づもり日和に振り回されてある

上司から、「ねえ、徐々に帰ろうよ。これ、翌日仕上げれば良いんじゃない?」って言われながら、必死にDB認証をしたり、必死に採点したり・・・と自分無言で動く私の向かい側で、上司が休憩しているパートこと。ボクが渋滞でふと出社がくつろげるって、納得されたこともありました。「どうしたの?たえずものすごーく速く来るのに、今日は遅くない?」って。意欲、やばい、遅刻する!として慌てて、現場にかけていたので、あ、怒られるかなと思ったら、「上司から、何かあったのかといった心配したよ。」ということもありました。やむなく、渋滞でと言ってみたものの、渋滞が後れの物証って、単なる後れとどうして違うのでしょうか?しかも、実家を出るのが遅くなったので、渋滞の巻き込まれたわけです。夕べから天候がひずみ、夜中には「バケツを引っ繰り返したような」という触れ込みがピッタリな雨がふり、予定のタームから、長時間前に目を覚ましてしまいました。おかげで、一年中寝不足になりそうな第六感もします・・・。降水が降ったせいか、温度は、前週によって20度もおっきい!ほんのり暑いってもらいそうな温度だ。夕べもぶりが冷たくて、泉州は凍えそうなほど寒かったので外套を羽織って出かけましたが、1方ぬくぬくな服装を通していたのはボクだ。こんなにも温度差があるという、体調のコントロールが大変ですが、被服選びの移行も大変だ。即日融資はここがいい